忍者ブログ

追風箏的孩子

追風箏的孩子

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

も分からない蝶の考えだった


私は幸运にまで読まなければならないという言葉姜夔『暗香』、『疏影』を打って字体和歌潾の梅の沈酔っていた壱して帰ってきた名創優品香港

とはいえ、見てよりも景だが、多かれ少なかれ、4。借りて和歌の笔でクラブを憎みは、霧の中だ。最終的に打って思わず暗香疏影の誘惑にはいつも落ち着いていた刀著:しようと思って」は結局、直接確かめるためさの憎むようにしましょう!「。続いて私はついにbihui著和歌笔で詩を着飾るの決定を楽しむあの暗香疏影だった。

梅の花见にその日の午後、雲に覆われて空を低くして、目の前に吹いて寒風が、おそらく黄昏时より雨が降ります。そのためにはうっとりな言叶が、そのためには、自分でも暗香疏影放置するのはそんなに多い。お前が持ちこたえられる场合を傘が訪れた。梅园ドアから出てきた。

兴奋してこそ旧正月を少し過ぎていた。红艳の春梅装饰され、高いところで風に小さくをゆらし、壱かすかに寒香が襲ってきた。梅园ばかり、私は片足を乗り回し红艳にさらされた梅の花が酔っていた壱目に入った。したがって、私はせっぱ詰まっ接待と入った壱株梅、ササかぐ黒海の相談役の壱枝梅。あの壱株梅寒香がたちまちが浸透している人の骨髄の中で、まるで瞬间を感じさせた去岁壱冬の眠気、体は微かに震えさせて、思わずぃつまでも口癖のように小さく声を称賛した。」と「香!名創優品

この時期になると、なかった蜂蝶、この梅の花もなくのの足が途絶え、益々の寂しさに执着しないだろうか。特にこの暖かかったり寒かったりする季節を受けて梅怎生だろうか。私は梅の花、よくわからない梅の気持ち。自分でも蜂蝶、も分からない蝶の考えだった。

沈酔った体を旅したかのように前に向かって梦壹君?して、私が急に目の前の壱藪の梅の木の白雪に惹かれている。记忆の中で、先日壱直は晴れた壱片日間こともないし、雪の花が近づいてきて、たとえ壱片の雪を眺めた。これと同じように白い雪好か梅は唯一、降临れていて、それじゃありませんか。私にぱ歩の接近を据え壱を見ると、とっさに気づかれてそれは多くの梅の木が集まって、なんだかんだを発信の白い梅だ德善

こんなの梅のではないかと姜夔潾の梅のだろうか。このほのかな香りが示しているのではないか姜夔香だったのだろうか。私は知らない。伝说の梅の女神が『杜甫诗美人」の女子、她亲口を寿阳姫、そしてtags扱いされていた梅の花の书き込みをした典故と著『疏影』だ。私には分からない姜夔のその时の気持ちだったが、私を见るの目の前にしても、相談役の梅枝は古典的な女性の物語でだった。という話も出ている姜夔书はあいさつで最善を尽くしたのに彼のさまと物寂しいです。創立古くて、私はできない姜夔わかるして聞いてみても、その魅力的な用語で呼びながら、花见て目の前の梅、黙々と受しております。

壱玉水の氷のように冷たいスック当たって僕の頬に、空はやっぱりと雨が降っています、私は伞を持って、おそらくこの雨会が大きくなり、俺は帰っていった。

别れて梅园、壱帰り道、湯気が立っていて、私は次第にの荒い雨足壱直想ってるあのローズガーデンの梅。この時の雨に濡れてしまった暗香疏影だった。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(01/22)
(01/31)
(01/31)
(04/21)
(04/22)